「登山の始め方」へようこそ

08/05/15 Comment(0) Trackback(0) 当サイトについて

「なぜ人は山に登るのか?それはそこに山があるからだ」は、登山家ヒラリーのあまりに有名な名言だ。目の前に困難があると、それを克服しようとする本能が、人間にはあるらしい。

槍ヶ岳とカール
2006.8槍ヶ岳 突然視界が開け、雄大な槍ヶ岳とカールが目の前に。思わず息を飲んだ

●仙人の住む世界へようこそ
最初は、学生時代にワンゲルに所属していてた妻に、半ば無理やり連れてこられた登山。

しかし、山頂から見た雄大な景色と、登って来れた達成感は、私をすっかり山の虜にしてしまった。

山は常に危険と隣りあわせ。一歩先の岩が、浮石になっているかもしれない。重い荷物を背負って、ちょっとふらついて足を踏み外そうなら、大事故につながる。

もちろん慎重に行動すれば、危険なことはない。

ピリッとした緊張感。そんな非日常性も、魅力の一つなのかもしれない。

槍ヶ岳山頂手前のガレ場
下山後写真を見てびっくり。こんなところを登ったのか……

●山は誰でも登れる
体力に自信がない人は、一日の行程距離を短くすれば良い。少しずつ地道に登っていけば、誰でも登頂することができる。

当サイトでは、初めての登山を考えている方向けに、道具の選び方や計画の立て方を、なるべく説明していく。

例えば靴の選び方一つにしても、上手く選べば、足の疲れを激減することができる。

そんなノウハウを、メモしていこうと思っている。

Let's climbing!

トラックバック

トラックバックURL
※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています
コメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
_369_
_369_