登山計画の基本

08/05/16 Comment(0) Trackback(0) 計画の立て方

登山は時間との勝負。

安全かつ快適に登るため、事前にしっかり計画を立てておこう。

登山地図とコースタイム

行動は日の出から昼までが基本
山では早朝から移動を開始し、昼には目的地に着く。これが基本だ。
間違っても午後から山に入るor移動を開始することはやめよう。

山の天気は変わりやすい。特に午後になると大気が不安定になりやすく、夕立などが発生する。

標高の高い山の上でも、日中は気温が上がり、かなり暑い。

重い荷物を担いでの移動は、かなりの重労働だ。長時間移動し続けると、体力と集中力が低下し、滑落などの思わぬ事故につながる。

よって、山上での移動は、天気が良く涼しい早朝〜昼に行うのが最も合理的だ。
移動時間は最大でも6〜7時間ぐらいにしておこう。

午後はゆっくり休養を
13時ころには目的地に到着して、午後はゆっくりするくらいの余裕が欲しい。

と、言うより、山の上で優雅な時間を過ごすために登っているようなもの??

槍ヶ岳を見ながらの昼食
2006.8 槍ヶ岳を見ながら昼食 最高!

山の上から景色をみながら、昼食をゆっくり食べて過ごす贅沢を、ぜひ味わってほしい。


行動時間は登山地図のコースタイムを参考に
登山地図には、登山道のポイント間の「コースタイム(時間)」が記入されている。確か一泊二日山小屋泊の男性2〜3人のパーティーの平均移動時間?

装備が軽ければ、時間を短縮しやすい。ただし、下り道はタイムがあまり縮まないのでご注意を。

トラックバック

トラックバックURL
※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています
コメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
_370_
_370_